「行ってきます」


今朝、家族に見送られて家を出たわたしは、地元へと向かうバスに乗った。

バスで揺られる一人という時間の流れが、まるで過去の自分へと戻ってゆくタイムマシーンのよう。



実家に荷物を置いたわたしは、同窓会の開始時間が迫っていることへの焦りと喜びを感じ始めた。


スカートに皺がついてないかチェックして、お化粧を丁寧に直す。

ファンデーションが厚塗りになっちゃいそうで、鏡の自分と何度もにらめっこした。



こんなふうに外見を気にするなんて久しぶり。

ソワソワして落ち着かないよ……。




こんな自分、

なんか恥ずかしい。



この感覚、

なんかくすぐったい。









この作品のキーワード
同窓会    再会  短編  忘れられない  元彼