光夜の部屋を掃除した日から1ヵ月がたった。



あたしと光夜は相変わらず、主人と奴隷の関係だ。



あたしはお昼になったら毎日光夜の家のインターホンを鳴らして光夜を起こす。



それから掃除や洗濯をして、あたしの作ったご飯を一緒に食べてる。



そのあとは光夜はパソコンや携帯をいじってばっかりで、あたしはテレビやDVDを見て過ごしてる。



あたしはいつも光夜の隣にくっついてるけど、光夜は何も言わない。









この作品のキーワード
お隣さん  ホスト  イケメン  年の差  奴隷  絶対服従  一途  めげない  諦めない  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。