幼い時から、ずっと一緒にいた。



遊ぶ時も、通学路も、授業も。



だから、私は直也の考えてることぐらいわかる。





「…そっか。」





そう言った、直也の冷たい呟きが、今でも耳に残っているの。






「…愛未は最悪だね。」





直也が与えてくれたチャンスを、私は受け取らなかった。






“愛未は、俺のこと好きでしょ?”





…ねぇ、『好き』って言ったら、直也は全て受け止めるつもりだったんでしょ?