それから少したっておなかの子は6ヶ月になった。


もう後戻りできない。



遊羅とはずっと連絡を取り合っていない。


そんなことを考えていたら由梨ママによばれた。

「桜ちゃーん電話よー。」

「わかりましたー」


返事をしてからゆっくり階段を下りて受話器をとった。

「・・・・もしもし・・・・・」

「もしもし、桜様でございますか?」

「.....はい.....」

「遊羅坊ちゃまが記憶を取り戻されました。」

「....ほんと....ですか...?」


「はい。今から車を向かわせるので準備なさってください。」

「はい・・・・」

「では後ほど。」


ツーツーツー


電話は切れた。

遊羅は記憶を取り戻した。


この子を産んでいいって言ってくれるのかな?


この作品のキーワード
年の差  契約  結婚  妊娠  社長  俺様    イケメン  御曹司  旦那様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。