それからしばらくして――。


 タカユキくんの遺体が、林から見つかった。


 一緒にニュースを見ていたお兄ちゃんは、とてもとても冷めた目をしていた。


「タカユキくんっ!?」


 あたしが泣きながらテレビに縋ろう(すがろう)とすると、お兄ちゃんはパチンと電源を切ってしまう。


「亜季、こんなやつ、もう好きじゃないだろう?」



 ――お兄ちゃん、どうして、笑顔なの……?



 どうして、少しも驚いてないの……?



この作品のキーワード
お兄ちゃん  ヤンデレ    兄妹