それにあの日、瀬川くんから英語を教えてくれてありがとう、とメールが来ていた。



だけどあたしは返さなかった。楓ちゃんの彼氏になっていたら…と考えたら言葉が浮かばなかった。それっきり何も連絡はない。



でも、今日2人は来るだろうな。あたし、いつも通りに接することが出来るかな?



「うー…嫌だぁ」



麻衣に了解、と返事を打ってカーテンを開けた。あたしの心とは裏腹に笑っている太陽。



「あれ?花火って…浴衣?」



ふとそんなことを思ったと同時にケータイの着信音が鳴った。



『遥おはよう。あたしだけど』



電話の主は麻衣だった。



「どうしたの?たった今、返事返したのに?」



『言い忘れてたことがあって。今日は浴衣着ようね』



……え。