書き換えて、『瀬川くん』からのメールをずっと見つめる。瀬川くんからメールが来たなんて…嬉しすぎだよ。



なんで昨日、すぐ寝ちゃったんだろう。瀬川くんからの初めてのメールだったのにな。



今さらだけど、返事した方がいいかな?でも、まだ寝てたら…迷惑だよね?



でも、昨日返事返してないし…嫌われちゃってたりして。…いや、もう嫌われてる?



─────…



「やっぱり無理ぃ…」



それから何十分もケータイの画面とにらめっこをしたが、結局瀬川くんに返事は打たなかった。



…いや、打てなかった。



緊張しすぎて。それに…好きな人からのメールに胸がいっぱいで。



…せがわくん。
瀬川くん…瀬川くん。



やっぱりまだ、好きなんだよ。



あたしは、胸いっぱいの気持ちを抱きながら、ケータイを握りしめた。