「どーしよー!!」



朝の授業前のにぎやかな教室。


そこに、あたしの大声が響きわたった。



「…まぁまぁ、落ち着きなよ」



と言ってあたしをなだめるのは、親友の寧々ちゃん。



「だってぇ…」


「あんたの名字を恨みなよ」



どうして「綾瀬」なんて名字なんだろう…。


本気で名字を恨んだ。


だって、この名字のせいで…、クラス1の冷徹な男子と週番をすることになったんだから…。


あたしの学校は、日直ではなく「週番」と言って、1週間日直の仕事をしなくてはいけない。


なのに、1週間もあんなにクールな人と仕事をするなんて…。