「………!……祈咲っ」



「…………?」



萌花に合図されて横を向くと



真神十夜がこっちを見てた。



条件反射のようにカッと顔が熱くなる。



やっぱり何だか悔しくて、べぇっと舌を出してやる。



我ながらガキくさいことしてる……。萌花の呆れた視線が痛い………。



それなのに、真神十夜はパタッと机につっぷしてしまった。



いつもは絶対見えないつむじが無防備に見えている。



小さな形よい頭にサラサラの黒髪が目にとまる。



綺麗な髪……。



そういえば、狼の時の毛皮は触り心地サイコーだった。



不意にそんなことを思い出した。



今はどうなのかな………?



思わずじぃっと凝視してしまったり……



――――その時



真神十夜が机に突っ伏したまま、チラリと視線を上げた。



無垢な子供みたいな仕草…澄んだ夜色の瞳があたしを捉える。



いつも余裕綽々て感じのくせに………この狼は時々ずるいんだから!



そう思ったら、



広がっていく温かな感情を抑えることが出来なかった。











あたしは真神十夜に向かって













初めて、笑顔を向けていた。







この作品のキーワード
切ない  一途    運命  イケメン    花嫁  溺愛  人狼