「はいはい、分かりました。愛は女の子ですよ。」





呆れたように言う拓也に、




「分かればよろしい。」





腰に両手をあて偉そうに胸を張るあたし。





そして二人で笑い合う。