その言葉で俺は
落ち着きを取り戻した。


フッ…お前に心配されるとはな…。
あぁ、そうだな…

俺は思った。

夏愛を捜しているのは俺の部下たちだ。

その部下を俺が信じてやれなくてどーする。


俺はその部下たちを信じ夏愛を捜し続けた。


夏愛…俺はお前を
愛してる…。

俺が守ってやるから…
幸せにしてやるから…

絶対に離れるんじゃねぇ!


龍司は心の中でそう強く誓い願った。





―龍司sideend―