それは………冷たい雪が舞散る寒い寒い深夜のこと。







真っ黒な夜空には、金色のお皿のようにまぁるい満月が浮かんでいた。











『…………おまえの名前は《夜兎(ヤト)》。

よろしくな………?…………ちびすけ。』








そう言って、切れ長の瞳を優しく細める時春の腕の中には…………ふぁ…とあくびをする男の子の赤ちゃん…………!








雪兎ママと時春パパに………二人目の子供が生まれたのです――――――!!!









この作品のキーワード
子うさぎ  番外編  あまあま  美少女  美形  天然  家族  赤ちゃん