五階の一番奥の突き当たり。

1LDKの小さな部屋。

鍵を開けて扉を開き彼の方を見る。

彼はまだ躊躇っているのか前に進まず立ち止まったままだ。

「七瀬さん、俺、自信がない。……君に何もしないから大丈夫、とは言えないよ?」

「……!や、やだ、浅香さん、服を乾かすだけですよ」

突然言われた彼の言葉に驚きつつも平静を装い、軽く受け流した。

心臓は激しく鳴り響いているけれど。


「さ、早く、寒いですから、お風呂すぐ沸かしますね」

黙ったままの彼を半ば無理矢理部屋に招き入れた。


この作品のキーワード
王子様  オフィスラブ  イケメン  社内恋愛  甘々  社内  美形