彼は横向きで私の方を向いていて、肘で頭を支えながら私を見下ろし優しく髪をなでてくれている。

私はただ黙って彼のされるがままになりながら、うっとりと彼の顔を見詰めていた。

「ん?」

そんな私の視線に目を留めて彼が何?と言う様に私の目を見た。

「あ、いえ。何でもないです」

彼が困った表情になる。

「ほら…、敬語に戻ってる。
さっきまで、あんなに近かったのに…」

頬がボワッと赤くなる。

「や、やだ、」

彼はふふっと笑うと、

「恥ずかしくなんかないよ、もう一度、あんな愛を見たいな」



この作品のキーワード
王子様  オフィスラブ  イケメン  社内恋愛  甘々  社内  美形