「僕も同じだよ、桃依。」

「え?」

「僕もみんなのことがとても大事なんだ。それこそ失ったら立ち直れないほどにね。
僕にとって蒼刃は手のかかる弟で、星来は何するか分かんない妹、そして桃依は…。」

「ボクは…なに?」

「ちょっと気の休まる弟、って感じかな。」

「ホントー?」

「ホント。」

「そっかぁ…じゃあボク、蒼刃よりもお利口ってことだね!?」

「うん。それはもう確実にね。」

「じゃあボク、緑志の弟で蒼刃のお兄ちゃんだね。」

「うん。」



最初はこんなにみんなが大事な存在になるなんて思ってなかった。
でもね、みんなの過去を知って、優しさに触れて、辛いことも乗り越えて、その先の笑顔の中にいて…いつの間にかボクは…幸せを知ったんだ。


なかったはずの家族。
傍から見たら家族には見えないかもしれない。
でもボクにとってそんなことはどうでもいい。
ボクにとって家族だって思える存在がいることが…この旅の果てに手に入れることが出来た一番の宝物。



「あー…やっぱり星来に会いたくなっちゃったよー。」

「え?」

「星来に抱きついた時の蒼刃の顔、すっごいことになってて面白いんだもん。」

「じゃあ蒼刃と星来の邪魔しに行こうか。」

「うんっ!!」