「おかえりなさい、侑祐さん...」

  「・・・・・」

深夜2時過ぎ・・・

いつものように帰宅してきた侑祐さんに声をかけてみる。

返事は・・・ない。

もう慣れちゃった・・・

まあ、最初は辛くて泣いてたけどね?


すれ違い様に、女性用の香水の臭いがした。

あぁ・・・。
今日も違う女の人と過ごしたんだ・・・

ズキン、と痛む胸。
だんだんと目に溜まっていく涙。

必死に零れないように、
   バレないように、
      二階へ駆け上がった。


「・ックゥ・・ふえ・・」

自室に戻ると涙が溢れ出した。

ごめんなさい・・・ 
ごめんなんさい・・・
ごめんなさい、侑祐さん・・・

あたしと結婚さえしなければ、

あなたは
好きな人と一緒になれたのに―――..

この作品のキーワード
政略結婚  妊娠  すれ違い  赤ちゃん  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。