……ピンポーン、ピンポーン――――




冷蔵庫に座りこんだまま動けずにいたところに、ドアベルが鳴った。



『…真吾?…違うか』



真吾はベルなんて鳴らさないよね…



自分にちょっと呆れてクスッと苦笑し、重い足取りで玄関へ向かう。





『……だれ…ですか?』

玄関の扉越しに聞くと…



『倖知!?私!!!』


この声は…――


『あ、彩…』

『開けて!?』



彩がどうして?

こんな私を見せて心配させたくない。

けど、こんな時に誰より会いたいのは……





『あやぁ……』

泣きながら玄関を開けると、彩はガバッと私に抱きついてきた。

力強くギュッて抱きしめて


『大丈夫だよ…倖知、大丈夫だよ…』



大丈夫……彩は何度も何度も私にそう言ったんだ。


大丈夫……。
この彩の言葉に、私の心はどれだけ救われたことだろう。





私は彩の胸の中で、まるで子供のように大きな声で泣き続けた。




感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。