「……そうだよね。私こそ、ごめんなさい。舞緒の気持ちも考えないで……。」




私、どうかしてた。


やっぱりね?

本当に舞緒のことが好きなら舞緒のこと、ちゃんと応援してあげないてと…だよね。




私は涙を拭いて顔を上げた。


そして、深く、深呼吸をする。



「でも、これだけは聞いて? 私、舞緒が好きなの。 舞緒が私を嫌いでも、私は舞緒が好き。」



「ん。ありがと」


舞緒は、そう言って私を抱きしめた…。







この作品のキーワード
幼なじみ  高校生  恋愛  留学  年上  遠距離  後悔  友達  短編