長い時間を一緒に過ごしてきた幼なじみを傷つけることは、わかってる。

現に、私は彼を傷つけてるのだから。

「私、親太朗の気持ちに答えられない。

親太朗は友達と言うか、相棒のようにしか思ってなかったから。

だから、答えられない」

親太朗はこうして悩みを打ち明けたり、時々バカ騒ぎができる友人だ。

私の大事な幼なじみだ。

何より、
「私は祐二が好きだから」

いつからだったのだろう?

いつから、彼にひかれていたのだろう?

わからないけど、私は祐二のことが好きになっていた。

あんなヤツ、絶対に好きにならないって思ってたのに。

なのに、好きになっていた。

沈黙。

親太朗が私から目をそらした。

この作品のキーワード
俺様  S様  医者  結婚相談所  幼なじみ  ドタバタ  ほのぼの  胸キュン  ドキドキ  甘々