渡瀬 菜々子、二十一歳


現在も病気と闘い中。

恋愛に興味無し。


でも、ほんの少しだけ変われた事がある。それは本当に、偶然の出来事。


地元の映画館で彼を見かけた。


彼の仕草、声、歩き方、その全てが懐かしい。いつも隣を歩いていた私。でも、


「――菜々子、あれ…」


友人の問い掛けに、笑顔を見せる。


「うん。もう、関係無いから」
 

この作品のキーワード
短編  DV  浮気  病気  実話  トラウマ