俺、里中哲太には幼馴染がいる。


平凡な俺に似つかわしくない程、お金持ちの佐原明という奴だ。


「お金持ち」だとか言うと明はきっと怒る。


「あたしと哲太、何が違うっていうの!?」


って。



明はわかってない。



明と俺の間には、

ラプラタ川より広い幅の川が、

エベレストより高い山が、

身分の差として存在していることを。



明はわかってない。


本当は誰より、明自身が身分の差を感じていることを。

この作品のキーワード
幼馴染  許婚  番外編  身分の差  甘酸っぱい