七瀬 優衣side


「す、好きです、付き合って下さい」


私は今日、人生初めての告白をしました


「俺も…」


そう言い、頬を染めるのは私の告白相手こと今里 蓮くん


「ほ、ホント!?」


思わず大きな声を出してしまう私


それほど幸せだった


「あ、ああ」という彼


『好き』とは言ってくれなかったけど、頬を真っ赤にする彼を私は信じると決めた



その時に……無理にでも聞いとけば


あんな事には…ならなかったのかな?


蓮……

この作品のキーワード
後悔  別れ  浮気  病気  大好き  愛してる