木々の隙間からオレンジの夕日が射し込む中を、悶々とした気持ちで歩く。


さっきのシーナの言葉を思い出しながら。



「何が“手は出さない”よ…」


今まで何度も手を出そうとした人が言っても、説得力ゼロなのよ!



この間のパーティーの時もそうだったけど…


私たちの他に誰もいなくなると、いつの間にかアイツは羊から狼に変身してる。


お城だろうが庭だろうが、お構いなしでキスしようとしてくるんだもん。



『お前はもう俺のものだって決まってるんだ。だから俺の好きなようにする』


これがアイツの言い分。

私はモノじゃないっつーの!