座ったまま寝てしまったのか。


時計を見ると昼の2時を過ぎたところだった。


女は気持ち良さそうにまだ眠っている。



コンコンコンッッ


『誰だ』

『ジョシュだけど』

『入っていいぞ』



ジョシュは部屋に入ってくるなり女の眠るベッドに近付いた。



『まだ眠ってるのか』

『あぁ、自分の力じゃないとはいえ異世界から来たんだ。体が疲れているんだろう』

『そうだな』



ローズと同じ顔で眠っていても、目を覚ましたらまた俺のことを知らない奴を見るような目でみるんだろうな。






この作品のキーワード
バンパイア  ファンタジー  一途  甘い  美男美女  パープル14  王子様  お姫様  異世界  ヴァンパイア 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。