振り返ると、バドが気を失っている藤崎を抱きかかえていた。


怜央も慌てて藤崎に駆け寄る。


「大丈夫……なのか?」


血の毛が失せてしまったように白くなっている藤崎の顔を覗き込んで怜央が言った。


「ええ大丈夫です。しばらく寝ていれば回復するでしょう」


バドの言葉に安堵した。


医者でもなんでもないけれど、バドの言葉ならそうなんだと思えた。

バドの目が一瞬鋭くなり、耳がピクリと動いた。


「もうすぐ人がやってきます。後はその者達に任せればいいでしょう。

さあ、今は早くここを出ましょう。ここは怜央様には危険すぎる」


この作品のキーワード
ヴァンパイア  王子  執事  王様  ファンタジー  魔界  バンパイア  魔物  恋愛  狼人間