コツ、コツ、コツ…

足音が聞こえてきて、顔を上げた。

ここは、伊崎総合病院の院長室前。

「…まだいたのか」

ため息混じりのお父さん。

「父さんだって忙しいんだ。これから理事会がある。帰りなさい」

私の隣には、表情ひとつ変えないお兄ちゃんが、ポケットに手を突っ込んで立っている。

ほらな、って顔。

お父さんは無言で、白衣をひるがえし院長室に入って行った。

ドアが閉まった瞬間。

お兄ちゃんが言う。

「だから言っただろ?頑固オヤジは、てこでも動かないって」

「でも…」

「諦めな。悠哉くん、今日出発じゃねーの?見送り行かなくていいのか?」

お兄ちゃんのその言葉を聞いて、胸が苦しくなった。

でも……

「いいの。悠ちゃんがね、見送りはいいよ、って。私も、きっと泣いちゃうから」

「…ふっ、美波は泣き虫だもんな」

お兄ちゃんは、私の頭をガシガシと乱暴になでた。

むぅ~っ。

いつも子供扱いする。

お兄ちゃんだって、私と同じくらい子供っぽいくせに!

お父さんと似て、超頑固だし。

「お前はいいよなー…」

「なにが?」

「自由で、幸せそうで」

「お兄ちゃんこそ都会で羽伸ばして、自由じゃないの?私なんて一人暮らしも許してもらえないのに~」

「そりゃ御愁傷様だな」

悠ちゃんが行ってしまった今日からは、また実家暮らし。

つまんないな。

この作品のキーワード
セレブ  医者  結婚  婚約    政略結婚  年上  留学  ドクター  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。