「乃愛、お待たせ。」




ガチャッと扉が開いて、優人さんが戻ってきた。




「あ、うんっ」




あたしはなんとなくソファに座り直す。




「じゃあ手出して。手当てするよ」



優人さんはソファに座るあたしを見上げるように床に膝まずいた。



あたしは戸惑いがちに手を差し出す。




優人さんは優しくあたしの手を取ると、湿布を取り出した。




そしてなぜか湿布をテーブルに置くと、あたしの怪我した手をジッと見つめる。




……優人さん…?




「……こんな綺麗な手を傷付けるなんて信じられないな。アイツ、許せない」




優人さんはそう言うと、あたしの手の甲に優しくキスをした。




「優人さん…」




あたしはそんな優人さんに、ただドキドキしながら答えていた。