すると長谷川さんはあたしをクルッと仰向けにさせると、真っ直ぐ見下ろしてきた。




「どれだけ俺を夢中にさせれば気が済むの?」




長谷川さんは低く甘い声でそう囁くと、あたしに顔を近づけた。




「長谷川さん……」




「好きだよ…乃愛……」




長谷川さんはあたしを強く抱き締めた。