「また鍵回してるね、センセイ」


この感情を、あたし知ってる
胸の高鳴り、心が軋む歪な音
センセイな彼方に、あたしは
生涯叶うことのない恋をした

センセイ。あたしね、彼方が
すごく、すっごく好きみたい

この作品のキーワード
実話    センセイ  好き  特等席  45番  みあめろ