18時、開店。

千広はバーカウンターで予約の確認をしていた。

「18時30にアマネ様が2名、テーブル席の4、5番。

19時にカトウ様が8名、個室のAとB。

20時にキムラ様が3名、テーブル席の1〜3番」

合計13人。

何しろ昨日オープンしたばかりだから、まだそんなに知られていない。

最初のうちはこれくらいがフツーだろう。

1日に10人くらい来店すれば、店としては大喜びだろう。

「ま…何より、ワインがあるからね」

千広はワインがたくさん入っている冷蔵庫に視線を向けた。

上が赤ワイン、下が白ワイン。

岸曰く、右から値段が安い順に入れられているのだそうだ。

この作品のキーワード
女子大生  御曹司  秘密  偽装結婚  大人  バイト  歩道橋  切ない  胸キュン  ドキドキ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。