「弁護士!?」

その電話に、園子は思わず声をあげて聞き返した。

彼女の周りで仕事をしていた上司や同僚が、何事かと視線を向ける。

園子はすみませんと小さく謝ると、電話に集中した。

「探偵の知り合いがいるなら弁護士の知り合いくらいいるでしょ。

特に砂野さんなんて、そこら辺にコネがあってもおかしくないと思う」

電話越しであまりにも真剣に言う千広に、園子は笑えない。

むしろ困った。

昼下がりに突然かかってきた電話。

手が離せない上司に代わって出てみたら、千広だった。

そしてこの状況だ。

「あんな男、話にならないんだもん。

弁護士相手だったらさすがに焦るんじゃないかしら。

焦って離婚してくれるんじゃないかしら」

よく計算されていると、園子は思った。

この作品のキーワード
女子大生  御曹司  秘密  偽装結婚  大人  バイト  歩道橋  切ない  胸キュン  ドキドキ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。