「ルイ~早くホテルいこ?」


甘ったるい声に吐き気がしてきた。


「あっ、待って。先に門行ってて。」


一言ぐらい沙里菜に言ってから帰ろう。罪償いじゃないけど。


「沙里菜いる?」


目の前にいたのは沙里菜の友達の里奈だった。


「もう帰ったけど・・・てかあんたが帰れないっていったんじゃん。何か用?」


女なのに怒った男より怖い。こいつ沙里菜のことになると目の色が変わるんだよな。とっさに言い訳を考え


「弁当箱返しにさ。きたんだけど」


「うちから渡しとく。・・・さっき沙里菜は職員室でいなかったけど美香が友達にでかい声で『今日、ルイとラブホ行く』っていってた。あれ、嘘よね?」


思わず嘘と言いそうになるのを我慢し本当のこといった。


「あぁ、行くよ。」


「・・・さ、さいってい。あんた沙里菜がどんだけ傷ついてるか知ってんの!?なんで告白したの?」

この作品のキーワード
別れ  浮気  やきもち  美少女  苦しい  恋愛