「・・・」


「あの子、もう5キロ痩せてんの・・・もともと細いのに、、貧血で倒れたりもした。クラスの男子まできずいてんのにあんであんたが・・・苦しませないで、もうあの子を。」


「里奈もうやめな。もうデート行こう、な?」


「・・・うん。」


おれはボーっと
2人の幸せそうな後ろ姿見てた。


そのまま、俺はホテルに行った。。。


「ちょっとぉ、はやくやろうよぉ。お風呂もはいったし、ね?」


「・・・今日はごめん。できない・・」


「はぁ?なんで??昔はうちと付き合っててもいろんな女に手出してたくせに。そんなにあの子が好き?」


「・・・あぁ。」


「な、なによ!?うちのことはまったく好きじゃなかったくせに!あなたは仕方なくでも私はいつか、いつかあなたが好きになってくれるっておもって待ってたのに!あの子を好きになってから一瞬でふられて・・・」


この作品のキーワード
別れ  浮気  やきもち  美少女  苦しい  恋愛