「おい。お前。ここで何をしている。」


突然頭上から低い声がかかり羽衣はビクッと肩を揺らした。


「何をしていると聞いているんだ。」


更に低い怒声がし、状況把握ができないままに羽衣は恐る恐る顔をあげた。


「ここ……どこ?」


辺りは闇に包まれ始めた広い庭園。


勿論見たこともない景色だ。


「どこ?だと?ふざけるな。クレモント家の城内に侵入しておいて、まさかただで済むなどと思っていないだろうな?」


目の前の男は怒りが頂点に達しているようだ。










この作品のキーワード
異世界  王子様  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。