どれくらいそうしていただろうか。


羽衣は泣き疲れて眠っていた。



以前のルカならば日替わりで女性を連れ込んでいたようだったが



最近はそんなことは全くなくなり健全に執務をこなしている。



そうジャンは嬉しそうに話していた。



羽衣がルカに好意を寄せているのもわかりやすかったが



ルカとて例外ではなく、羽衣に好意があるものだと思っていた。



何よりあんなに穏やかなルカを誰も想像などできなかったのだから。







この作品のキーワード
異世界  王子様  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。