私たちのオーダーしたカクテルがそっと目の前に置かれた。


「コレは何?」


「ゴットファーザー…匂い嗅いでごらん…アーモンドの香りがするよ」


「・・・」


私は祐早斗さんに言われるままにグラスに鼻を近づける。


ウィスキーの香りとは別に微かにアーモンドの匂いが漂う。



「こんなカクテルもあるんだ…初めて知りました…」



「俺はいつも此処では必ず…コレを飲む」



初対面とは思えないほど…私たちは馴染んでいた。


この作品のキーワード
オフィスラブ  社長  秘書  俺様  地味OL  玉の輿  ラブコメ  胸キュン  社内恋愛  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。