俺は鈴羽を待って…生徒指導室で購買のパンを齧っていた。



学園に来れば俺たちは・・・



男と女である前に…教師と生徒。


その俺たちが昨日、一線を越えた・・・



青二才のガキかと思ったが…そうじゃなかった。



自分の腕に抱いて…それがよく分かった。



この作品のキーワード
教師×生徒  俺様  許婚  秘密  過去  甘々  溺愛  束縛  元カレ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。