私はプラザホテルの有名な三ツ星レストランの予約席で先生を待つ。



テーブルの中央に点されたキャンドルの炎が揺らめいていた。



緊張しちゃって…身体が硬直。

さっきからコンパクトの鏡を何度も見て…メイクと髪を念入りにチェック。





私は愛しい彼氏を待つ彼女になっちゃってる~



「すまない…」


「!?」


先生が私の前の席に腰を下ろした。

この作品のキーワード
教師×生徒  俺様  許婚  秘密  過去  甘々  溺愛  束縛  元カレ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。