「今月の終わり、どこか旅行に行かない?」

いつものように外で食事をしていた時、洋介が言った。

「旅行?

どこに?」

そう聞いた私に、
「京都なんだけどさ、どうかな?」

洋介が京都のパンフレットを私の前に差し出した。

「まあ、素敵じゃない!」

パンフレットを見て嬉しそうに言った私に、
「今の季節の京都ってさ、すごくいいらしいよ」

「ぜひ行きたいわ!

私、京都なんて小学校の修学旅行以来だから」

「じゃ、行こうか」

「もちろんよ!」

洋介と初めての旅行。

いや、誰かと旅行に行くこと自体が初めてだったりする。

夫は旅行に行くことが嫌いだったから、家族旅行をしたことがないのだ。

…愛人と一緒にどこかへ旅行に行ってはいるみたいだけど。

この作品のキーワード
崩壊劇  家族  同窓会  不倫  初恋  幸せ  セレブ  現代ホラー  ハラハラ  ドキドキ