携帯がブルブルと震え、ピリピリと電子音が響き渡る。

「んぁ!?」

思わず驚いて目を開ける。


…寝たふりするつもりが、いつの間にか寝ちゃってた…


胸ポケットにしまいこんだ携帯を止めようとして、ふと、気づく。

「え…?」

腕が動かない。
いや、正確には、動かせない、というのが正しい。

「なん…え?え??」

動かそうとして、両手首を何かで縛られていることに気づいた。
しかし、なぜそんなことになっているのか、皆目検討がつかない。

この作品のキーワード
運試し  友達  裏切り  ラッキー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。