気がつくと、窓から日が差し込んでいた。
結局、朱美とは連絡がつかず、無事かどうかの確認ができなかった。

のろのろと部屋を出ていき、テレビをつける。どの局も昨日の爆発事故のことばかり取り上げられていた。

手にしていた携帯を開いてみる。だが、メールも電話も、履歴がない。

私は深い溜め息をついた。




この作品のキーワード
運試し  友達  裏切り  ラッキー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。