トボトボと歩く私の背中をまた叩く。




「しっかりしろ。俺はお世辞は言わないし、嘘も言わない。無理だと思ったらちゃんと正直に言ってやる。今の片桐さんとお前を見てると100%無理だとは思わない」



「え?本当に?」




「ああ。だからこうして協力してやってんだろ?すぐにどうこうなるのは無理だと思うけど、可能性はあると思う」




泣きたいくらい嬉しい言葉だった。



100%無理だと思ってた。



天然だし、バカだし、ガキだし・・・・・・処女だし。





「どうしてそう思うの?あきら君」





「ん~、はっきりとは言えないけど。片桐さんにとってのお前の存在って、他に代わりがいないと思うんだ。妹みたいな何でも話せる存在って、さ」





あきら君は、少し照れながら一生懸命話してくれた。



その気持ちが嬉しくて、心が温かくなる。