「ありがとう。そうかな。妹みたいな存在だとしても、代わりがいないなら嬉しい!」




「そうだろ?ほら、お前の良い所はそういう素直なとこだよっ!それと明るい笑顔だろ」





あきら君は、そう言うと、早足にどんどん先を歩いた。




今日は、本当に良かった。




片桐さんのことも少しわかった気がするし、あきら君の良い所も発見できたし、ね。






「ほんと~に、ありがとね!!今日は!!」




駅前であきら君に手を振った。





「はいはい。んじゃ、また明日な」




「うん!!ありがとう!」





片桐さんのことを何も知らない自分に気付いて、落ち込んでしまったけど、あきら君の言うように、このままじゃだめだ。




片桐さんは王子様じゃない。




片桐さんの知らない所がたくさんある。




それを少しずつ知っていって、あきら君が言ってくれたように“代わりのいない存在”になりたい。





今は妹かもしれないけど、それがいつか“彼女”になれるように。