「遺書と思わない方がいい。」



少なくとも俺は、喜代に遺書を書いたつもりはない。



「遺書ではなくて、なんだと言うんだ?」

「…恋文だ。」

「恋文?」

「最期の想いを告げる、恋文。」



先立ってすまない。



最後まで、側で守ってやれなくてすまない。



一人置いて逝ってすまない。


「驚きだな。お前に慕っていた女がいたとは。」

「自身が、一番驚いている。」



ずっと学業に夢中だった。


それ以外に、興味などなかった。



女にも、戦争にも、この国にも、未来にも。



ただあの日、桜吹雪の中で、俺の中で全てが覆されたんだ。



君と出逢って、生きる意味を見つけた。



同時に、命に変えても守りたいものが出来た。



それが、俺の使命だと思った。



君の為、君が笑うなら、君が平和を望むなら、御国の為に死ねる。