「奏ちゃん!どうしたの?」

慌てた様子で智貴君が聞いてくる。


「ハァハァ……亜美が…」

智貴君は私の背中をさすりながら、亜美と言う言葉に反応し、真剣になった。

「落ち着いて。亜美がどうしたの?」


「倒れた…。凄い…熱…」

途切れ、途切れな私の言葉を聞いて、