土日が明け、また日常が繰り返される。


書類とパソコン、書類とパソコン、左側に…ハルくん。


また感じるのは、胸のかゆみ。


手の届かないこのかゆみは何なのか。


ムズムズするけど不快では…ナイ。


むしろあたしは、このかゆみが欲しい気がする。


ずっと欲しかった物のようにも思えてくる。


「初音さん?」


「ん?なぁに、ハルくん?」


「今日、一緒にメシ、どう?」


「あ、お昼。もうそんな時間なんだ。社員食堂でかまわない?」


「うん」


「じゃあ、井上主任、お昼休みいただきます」


「ハイよ」


ハルくんが来てから残業が減り、上機嫌の井上主任はパソコンから目も反らさずに返事をくれた。

この作品のキーワード
  憎悪  もらう愛  捧げる愛  DV  ハンバーグ  病院  狂愛  実話