いけなかったのは、全部あたし。


男の人の気持ちを散らしては別れて知ったようなフリ、何もわかっちゃいなかった。


彼らはたった1つの感情で、あたしをどうする事もできる。


“好き”
“愛してる”


甘く囁かれていた言葉の裏には、憎悪にも代わる感情がある事をあたしは知らなかった。


多田さんはあたしから“去る”事より“支配”する事を選んだ。


そうさせたのは。


他の誰でもなく。


───あたし、だったんだ…。

この作品のキーワード
  憎悪  もらう愛  捧げる愛  DV  ハンバーグ  病院  狂愛  実話