夕食後、羽兎は懐中電灯を片手に中庭へ来ていた。
正確には、犬小屋の前。

「ロックス~。あんたは何を見たのさ?」

「わん!」

「いや、『わん!』じゃ分かんないから」

「くぅ~ん」

「『くぅ~ん』でも同じ!ちゃんと喋って」

「わん!」

羽兎はしゃがんでロックスと目を合わせる。
つぶらな瞳がこちらを見てきた。

「どうしろって言うのさ……!」

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  怪盗  コメディ  ネーミング  野いちごGP 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。