午後8時50分。
二人は時間通りに中庭に集まった。

「それにしても今日は月が綺麗だねー」

羽兎がほのぼのとした顔をする。
紘哉もつられて月を見る。

「そうだな。話によると今日は満月らしいぞ」

「へー」

「満月は人の心を惑わす。
満月の夜に告白すると大半が成功するらしい」

「……」

「その反面、光に惑わされ犯罪も急増する。
この事をフルムーン現象と――」

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  怪盗  コメディ  ネーミング  野いちごGP 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。