数日後、例の依頼人が三雲探偵事務所を訪れた。

ドアを叩かれ開けた瞬間、紘哉は思い切り顔をしかめた。

見たこともないような女性だったが、何故か彼は拒絶反応を起こした。

急きょ、その女性の対応は羽兎の役目となった。


「この間はすみません。気が動転していたもので……」

羽兎に接客用テーブルに案内され、彼女は開口一番そう言った。

「いえ、大丈夫ですよ」

羽兎は女性にお茶を淹れながら返答する。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  怪盗  コメディ  ネーミング  野いちごGP 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。